AGS
RECRUITING 2021
メンバーの声
CASE_04 ----

「給湯室にマグカップを」という言葉に感銘

〈2017年入社 : HC事業部 サブマネージャー 税理士〉 宮澤 綾子
“診療報酬改定から医師採用まで、ヘルスケア領域を幅広く担当”
Q. 今、どのような仕事に取り組んでいますか?
病院や診療所などの医療機関、ヘルスケア関連の企業様の税務顧問、事業承継や法人成り、事業計画の作成支援、再生、M&A等、幅広く業務をしています。
地域の患者さんに真摯に向き合う先生方のお話を伺うのがとても楽しく、また刺激を受けますね。
昨今の医療業界の厳しい環境から病院経営には多くの課題があり、診療報酬改定から病棟転換、医師採用や職員研修に至るまで様々なご相談をいただきます。
私たちだけでは対応できないご相談に対しては提携先をご紹介し、ひとつでも多くの課題が解決できるように努めています。
“院長先生の当直の合間、一緒になって事業計画を作ったことも”
Q. 印象に残ったお客様について教えてください。
事業計画の作成支援と併せて、事業承継のお手伝いをした案件は非常に大きな経験となりました。
非常に短期間の納期のなか、院長先生の当直の合間に一緒に事業計画を作った思い出は今でも忘れません。
そういう状況を乗り越えて、クライアントのお役に立てたという実感が持てた時は非常にやりがいを感じました。プロジェクトに関わるメンバーのひとりひとりがクライアントのことを考えてディスカッションができたので、大変なプロジェクトも乗り越えられたのだと思います。
“「給湯室にマグカップを」という言葉に感銘”
Q. ズバリ、AGSを選んだポイントは何ですか?
入社前にお話を伺った役員に「クライアントの給湯室に自分のマグカップを置けるようになれ」という言葉に非常に感銘を受けたからです。
クライアントに寄り添い、一緒に仕事をしていくスタンスに魅力を感じました。
入社してみると、同じスタンスでクライアントと向き合っている方が多く、嬉しく感じました。私もその言葉を実現できるように執務を行っています。
また、とても自由な雰囲気なので、やってみたい!と提案したことを応援してもらえる、アドバイスをもらえる環境なのは非常にありがたいと思います。
今は業務を行いながら夜間に医療政策を学べる大学院へ通っていますが、入学の際に、医療政策を学ぶ必要性をお伝えし、背中を押していただきました。
(部署名・役職・本文の内容は2019年当時のものです)
TOP