AGS
RECRUITING 2019
求める人材
AGSの特徴と人材に対する価値観、今後の目標について、
AGSグループ代表の廣渡に話を聞きました。
Interview
ひろわたり よしひで廣渡 嘉秀
株式会社 AGSコンサルティング 代表取締役社長
AGS 税理士法人 代表理事
会計事務所らしからぬ会計事務所
AGSってどんな事務所ですか?

私たちAGSグループは、会計業界には属するものの、自分たちのことを会計事務所らしからぬ会計事務所だと考えています。
もちろんサービスメニューは会計事務所の中でもかなり充実していて、大きく分けると、マネジメント・サービス、事業承継、企業再生、IPO、M&A、国際業務の6つです。例えるなら「総合病院」といったところでしょうか。
ではなぜ会計事務所らしくないのかというと、本当にクライアントのためになることを徹底的に考え、クライアントと一緒になって行動していくからです。「マネジメント・サービス」という聞きなれない言葉は、こうした特徴から生まれています。
AGSでは、いわゆるBig4とちがって幅広いジャンルの経験を積むことができますし、個人事務所とちがって専門性の高い仲間たちとコラボすることによって、大規模なクライアントや難易度の高い案件に携わることも可能です。
また、最近では、業務の品質を高めるための企画をどんどん推進しながら、ITも充実させていくことによって、メンバーひとりひとりが活躍しやすい環境を整備していくことが、大きな特徴かも知れません。

マネジメント・サービスってなんですか?

ここでいうマネジメント・サービス(MS)は、税務・会計顧問、内部管理体制構築、資金・財務コンサルティング、グループ会社管理などが中心です。最近では医療法人・個人クリニック向けサポートなんかにも力をいれていますね。
実は他の5つのサービスもすべて、もともとはこのMSから派生してきたものなんです。
クライアントのニーズに創業来こたえ続けてきた結果、今のようなサービスメニューが形成されたといえます。
逆に、私たちのサービスはすべてMSであるともいえます。
ではなぜ、私たちがMSという造語をつくったかというと、私たちのサービスが単なる記帳代行や申告書作成といった経理補助ではなく、経営管理全体に関するサポートだからです。経営者に寄り添うように伴走し、その企業に役立つサービスを提供する。簡単にいうと、これがMSです。

新人はどのような業務に携わることができるんですか?

「会計事務所らしからぬ」会計事務所とはいえ、新人が携わる業務は極めてオーソドックスです。
新人研修終了後、月次顧問や決算対応を中心とした税務顧問業務に取り組んでもらうことになります。
その後、規模の大きなクライアントを担当したり、本人の希望やスキルに応じて事業承継やIPOといった業務の幅を拡げていったりと、ひとりひとりの成長に個性が生じてくるようになりますね。
もちろん、税務顧問業務は全ての基本になりますから、まずはじっくりと基礎体力をつけていくことが何より重要です。

人材に対するAGSの価値観
人材についてはどのように考えているんですか?

私たちは変えてはならないものをAGSwayと呼んでいますが、これをおおざっぱに言うと、クライアントと仲間とを問わず、「人と人との関係を大切にしていきたい」という価値観です。
たとえば、最近はAGSでも、コンサルタントやバックオフィスメンバーとして、女性がどんどん活躍しています。
私たちとしても”AT-home”という価値観のもと、結婚や出産というライフステージを全面的にバックアップしており、AGSが社会のなかで、性別にかかわりなく活躍できる場となるよう、さまざまな取り組みを続けています。
また、ビジネスの国際化が加速し続けている中、私たち自身の国際感覚の醸成も急務となってきています。そこで、中国とシンガポールの大学生を2012年からインターン生として受け入れ初めており、その中から新卒社員として採用するというケースも出てきました。
さまざまな価値観を持ったメンバーがお互いに刺激を与え合うことによって、私たち自身の成長につながるだけでなく、お客様に対するサービスの質を高め、幅を広げるという結果にもつながっています。

AGSではどんな人材を求めているんですか?

私たちは、AGSwayさえ厳守してくれているのであれば、あとは個性を尊重しています。
なので、新たに加わっていただくメンバーに求めたいのは、何よりもまず、AGSwayに共感していただけること。
とくに私たちは、仕事を自己実現の場であると位置づけていますから、「AGS」という看板でなく、自らをブランド化するぐらいの気概をもって仕事をしてもらいたいと考えています。
明るくて元気なタイプもいれば、大人しくて几帳面なタイプもいるでしょう。
それぞれに「芸風」があるはずなので、みなさんにはそれを磨いていって欲しいですね。
あと、成長意欲とサービス精神は必要だと思います。
サービス精神とは「こんなことをやったら、お客さんが喜んでくれるんじゃないか?」とワクワクしながら考える気持ち。
いいアイデアを思いついたら、夜中でも夢中で資料を作ってしまうくらいのエネルギーですね。
社会人経験のないみなさんにはイメージしづらいかも知れませんが、「お客さんに喜んでもらいたい」と心の底から思えるのであれば、きっといい仕事ができるようになるはずです。

日本一のアカウンティング・ファームへ
AGSの目標はなんですか?

私たちは「日本一のアカウンティング・ファームへ」という経営目標を掲げています。
ここでいう「日本一」とは、量ではなく質。質を高めるためには量も必要ですが、あくまで質の日本一を目指しているんです。
ここ数年、AGSはどんどん大きくなってきています。量的にはもちろんですが、ご相談いただく仕事の内容も、ここ数年で明らかに高度化してきているというのが実感ですね。
こうした目標を実現していくためには、優秀な仲間を集めていくことが前提となってきます。
そのためにも、個性豊かなプロフェッショナルたちが、どこよりも活躍できる環境にしていきたい。
たとえクライアントにスカウトされたとしても「AGSで成長したい」と思える。
これからもそんな職場であり続けたいと思いますし、十分に可能だと思っています。
これからのAGSは、これを読んでいただいてるみなさんと創っていきたい。
ぜひ私たちといっしょに、「日本一のアカウンティング・ファーム」を実現させましょう!

TOP