AGS
RECRUITING 2021
メンバーの声
CASE_01 ----

さまざまな分野のプロが集まり、刺激も多い

〈2017年入社 : AT事業部 事業部長 税理士〉 小泉 崇
“上場企業や大企業をターゲットとした高度税務を手掛ける”
Q. 今、どのような仕事に取り組んでいますか?
AT事業部は、比較的難易度が高いとされる組織再編・連結納税・国際税務・事業承継・税務デューデリジェンス等、主に、税務に関して専門的かつ幅広く対応するための事業部です。ターゲットとしているクライアント層は、上場企業や大規模な非上場企業となります。前職は大手税理士法人に所属していましたが、その経験を活かしつつ、クライアントに寄り添った、思いやりのある誠実な業務の遂行を心掛けています。事業部長として、営業活動・採用活動・マネジメント業務、もちろん申告書等を含むレビューも行っています。
“専門分野以外の知識や経験を身につけるチャンスも”
Q. AGSに入社してみた感想を教えてください。
会計事務所をスタートとして発展してきたコンサルティング会社ですが、会計事務所のような雰囲気ではなく、一般事業会社のそれに似ている感じだと思います。
もちろん仕事面では皆さんプロですので厳しい一面はあるものの、基本的には和気あいあいとしており、自然発生的な飲み会も多く、他事業部の方々とも仲良くなれる機会があります。
したがって、社内の他事業部の方々と接する機会もあるため、自らの専門分野以外の様々な知識も身に付けられやすい状況にありますし、事業部をまたいだ業務も実施していることから刺激的であり、知識・経験の幅を広げやすいと思われます。あと、オフィスはきれいだと思います!
“さまざまな分野のプロが集まり、刺激も多い”
Q. ズバリ、AGSを選んだポイントは何ですか?
過去は、監査法人の会計士と業務をご一緒することもありました。会計士は賢くて尊敬できる方が多かったという印象で、そういう方々がすぐ近くにいるような環境であり、一緒に業務を行うこともありそうだということを伺いました。また、会計に限らず、さまざまな分野のプロが在籍しているという点で、税務一辺倒で生きてきた私にとっては新鮮かつ魅力的で、まだまだ成長できるのではないかと感じたというのが大きな決め手です。今でも当時の判断は誤っていなかったと思っています。
(部署名・役職・本文の内容は2019年当時のものです)
TOP