AGS
RECRUITING 2021
メンバーの声
CASE_01 ----

不透明な将来に悩むより、目の前の仕事に向き合っていきたい

〈2016年入社 : OS事業部 税理士〉 釜下絵莉子
Q. AGS社内の雰囲気について、教えてください。
とても明るく、活気のある職場だと思います。 会計事務所と聞くと、オフィスは静かで、各々が黙々と仕事をしているようなイメージがあるかもしれませんが、AGSは「集中できる環境」と「和気あいあいと話せる環境」の両面を持ち合わせていると感じます。例えば、誰かがポロリと疑問点を口に出せば、周囲の先輩後輩含め「それはこうなんじゃない?」と議論が始まったり、そうかと思えば皆が集中していてあっという間に一日が過ぎてしまったり…。時にはしょうもない雑談をしたりもします(笑)。 風通しの良い職場であることは間違いありませんね。
Q. 今、どのような仕事に取り組んでいますか?
税務顧問業務が中心です。家族経営の法人から上場子会社まで規模はさまざまですが、一番多いのは非上場の中小企業のお客様ですね。 税務から派生して、資金繰り表の作成支援や、相続対策、事業承継案件などにも携わっています。 私は新卒でAGSに入社し、約5年間、税務顧問業務に取り組んできました。認められるようになるまでは大変なことばかりでしたが、今ではお客様に頼り頼られながら仕事をしていると実感でき、本当に嬉しく感じています。 お客様が抱えるさまざまな問題や悩みに対して、他の案件での経験やノウハウを還元し、お役に立てるよう努めていきたいと思います。
Q. 自身のキャリアの目標について、教えてください。
正直に言ってしまうと、まだ具体的には考えていません。結婚や出産といった今後のライフイベントを考えると、簡単には答えを出せないからです。 ただ、せっかく仕事をするのですから、お客様に喜んでいただけるような仕事をしたいですし、誰かの役に立てる人間になりたいと思っています。今は目の前の仕事に対して、丁寧に、誠実に取り組み、お客様に寄り添った仕事ができるよう努めることが、不透明な将来のことをあれこれ考えて悩むより(実際は悩むのですけど)よほど大事なことなのかなと思っています。
TOP