AGS
RECRUITING 2021
メンバーの声
CASE_04 ----

自らの知識や業務経験を、仲間と共有できる

〈2020年入社 : AT事業部〉 福田優次郎
Q. AGS社内の雰囲気について、教えてください。
AGSはフレックスタイム制を導入しているため、出社時間はさまざまですが、自身が決めた時間で仕事をこなしているため、無駄な時間を過ごしている雰囲気は全く感じません。 とはいえ、出社している時は仕事だけしているのかというとそうではなく、休憩時間を活用して、同僚と世間話や税務論点に関する相談等についても、気軽に話し合えるような環境です。自身の業務経験を他のメンバーと共有できる点は、人数の多い会計事務所の強みともいえます。
Q. 今、どのような仕事に取り組んでいますか?
私が所属しているAT事業部は、比較的難易度が高いとされる税務分野に対応するための事業部です。その範囲は、国際税務、組織再編、事業承継、連結納税等多岐にわたりますが、一方で、規模が大きいクライアントに対する月次往査等、細かな対応も行います。 現在は、クライアントの申告書作成に関する業務が大半ですが、難解な税務論点が介在する申告も多く、楽だと思うことは全くありません。しかし、苦労した分だけ成長でき、その分サービスの向上に繋がります。がんばった分、クライアントから感謝していただけることにやりがいを感じています。
Q. 自身のキャリアの目標について、教えてください。
私は転職により入社しましたが、前職は保険会社に勤めていました。会計業界の仕事は初めてだったので、新卒の時から会計業界にいる同世代のメンバーと比較すると、どうしても経験値に差があります。 しかし、それを弱みと思ったことはありませんし、過去の職務経験で培った仕事の仕方はどの業界でも共通する部分はありますので、日々いろいろな仕事に携わるようにしています。 今はクライアントのさまざまな要望に直接対応する立場として、少しでも多くの知識を早く身に着けることを目標とし、将来はその知識と経験を活かしてチームをマネジメントすることで、より多くのクライアントに関わっていきたいと思っています。
TOP